デジエントリーlogo

詳細・お申込

TECHNO293クラス全日本選手権2021 - ウインドサーフィン

コンビニ、ペイジー決済利用可能

個人の場合はご希望のDivを開いてチェックした後「個人で申込」からお進みください。
グループ・家族でお申込の場合は直接「グループ・家族で申込」からお進みください。
※操作がうまくいかない場合は画面の一番下にある「PCサイト表示」をお試しください。

テクノ293クラス A17・U17(男・女)

条件・内容

・2021年度JSAF会員、及び2021年度JWA会員
・地区予選大会にて参加資格を取得した選手、またはJWA競技部が参加を認めた選手
・年齢17歳以上

未成年者が参加する場合は、保護者が責任を持つことに同意していること
自己及び第3 者への賠償を補償できる保険に入っていること
感染防止の観点から、添付資料の「COVID19(新型コロナ)への感染対策」を遵守すること

金額
¥10,000

条件・内容

・2021年度JSAF会員、及び2021年度JWA会員
・JWA強化育成委員会が参加を認めている選手
・年齢17歳未満

未成年者が参加する場合は、保護者が責任を持つことに同意していること
自己及び第3 者への賠償を補償できる保険に入っていること
感染防止の観点から、添付資料の「COVID19(新型コロナ)への感染対策」を遵守すること

金額
¥10,000

テクノ293Plusクラス Open・U19(男・女)

条件・内容

・2021年度JWA会員
・年齢19歳以上

未成年者が参加する場合は、保護者が責任を持つことに同意していること
自己及び第3 者への賠償を補償できる保険に入っていること
感染防止の観点から、添付資料の「COVID19(新型コロナ)への感染対策」を遵守すること

金額
¥10,000

条件・内容

・2021年度JWA会員
・年齢19歳未満

未成年者が参加する場合は、保護者が責任を持つことに同意していること
自己及び第3 者への賠償を補償できる保険に入っていること
感染防止の観点から、添付資料の「COVID19(新型コロナ)への感染対策」を遵守すること

金額
¥10,000

大会名称 TECHNO 293クラス 全日本選手権2021
     TECHNO 293 Plusクラス ジャパンカップ

期日 2021年10月9日(土)、10日(日)
公認 公益財団法人日本セーリング連盟(承認番号 2021-21)
協賛 Tahe Outdoors Japan
協力 ビーチスマリーナ、風波リンク

静岡県浜名湖大崎ビーチスマリーナ 同沖合(静岡県浜松市北区三ヶ日町大崎1013)

〒431-0214
静岡県浜松市西区舞阪町弁天島
静岡県セーリング連盟

090-4234-9901

NPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)、NPO法人静岡県セーリング連盟

1.1 2021-2024セーリング競技規則(以下RRS)及び付則B、各クラス規則、国内チャンピオンシップ規定
1.2 各規則と矛盾する場合は帆走指示書を優先する

主催団体により選択され提供された広告を表示するよう要求することがある【DP】

3.1 競技種目 コース・レース
3.2 クラス 以下の2クラス、8ディヴィジョン(以下Div)
 テクノ293クラス A17・U17(男・女)Div
 テクノ293 Plusクラス Open・U19(男・女)Div

4.1 テクノ293クラス A17 Div
・2021年度JSAF会員、及び2021年度JWA会員
・地区予選大会にて参加資格を取得した選手、またはJWA競技部が参加を認めた選手
・年齢17歳以上(大会開催年の12 月 31 日現在の年齢を適応する)
4.2 テクノ293クラス U17 Div
・2021年度JSAF会員、及び2021年度JWA会員
・JWA強化育成委員会が参加を認めている選手
・年齢17歳未満(大会開催年の12 月 31 日現在の年齢を適応する)
4.2 テクノ293Plusクラス Open・U19 Div
・2021年度JWA会員
・U19は年齢19歳未満、Openは年齢19歳以上(大会開催年の12 月 31 日現在の年齢を適応する)
4.4 未成年者が参加する場合は、保護者が責任を持つことに同意していること(大会開催日の年齢)
4.5 自己及び第3 者への賠償を補償できる保険に入っていること
4.6 感染防止の観点から、添付資料の「COVID19(新型コロナ)への感染対策」を遵守すること

5.1 参加料 10,000円
5.2 申し込みはPCや携帯からデジエントリーにて受け付ける。
受付期間は、9月14日(火)から10月4日(月)までとする。

6.1  
 10月 9日(土)
  8:50  受付
  9:50  開会式・スキッパーズミーティング
  10:55  第1レース予告信号予定時刻
  引き続きレース
 10月 10日(日) 
  8:20  受付
  8:50  ブリーフィング
  9:55  最初のレース予告信号予定時刻
  引き続きレース
  17:00 表彰式・閉会式(予定を早める場合あり)
6.2 最終日の予告信号は、14:25までとする。
 但し大会が成立していない場合には、14:55まで延長する場合がある。

7.1 事前計測は行わないが、大会期間中計測を実施する場合がある。
7.2 艇体、セール等のエキップメント類は、認可製造者によって張りつけられた固有のシリアル番号を判読できる状態にしておかなければならない。【DP】
7.3 セールナンバーをルールのとおり表記するものとし、これに違反した選手は、大会に参加することができない。レース中に表記違反が確認された場合、その大会はDNC とされる。セールナンバーはJWA登録番号が優先される。ハイフンの有無による区別はしない。特別な場合を除き、大会当日のセールナンバーの変更は認められない。
7.4 ディヴィジョンの識別をクラスを示す印の上方のセール上に掲示すること。最小の高さは230mmとし、各ディヴィジョンの掲示は以下とする。【DP】
 U17(女)・・・赤色菱形
 U17(男)・・・黒色菱形
 A17(女)・・・赤色菱形  これは「テクノ293クラスルールC9.2(b)」を変更している
 A17(男)及びPlusクラスOpen(男・女)、U19(男・女)・・・なし
7.5 海上では常に適切な救命胴衣(ライフジャケット)を着用すること。 ウェットスーツおよびドライ
スーツは適切な救命胴衣とは見なされない。もし、救命胴衣の浮力装置が膨張式のものであれば、海上では常に膨張させた状態で着用すること。これは「RRS40」を変更している。
7.6 海上では常に曳航用シート(直径3mm以上、長さ5m以上)を携行すること。【DP】

帆走指示書は、スキッパーズミーティングまでにノーティスボードに掲示及び配信する。

9.1 レースコースは、風上-風下コース2周を予定する。詳細なレースコースは、スキッパーズミーティングまでにノーティスボードに掲示及び配信する。
9.2 以下の3グループに分けてレースを行う。但し、15艇に満たないグループは他のグループと統合する場合がある。同一コースにてグループ毎に時間差でのスタートを予定する。
 A) テクノ293クラス A17(男)、U17(男)Div
 B) テクノ293クラス A17(女)、U17(女)Div
 C) テクノ293Plusクラス Open(男・女)、U19(男・女)Div
9.3 おおよそのレースエリア。https://jw-a.org/event参照

10.1 1日の最大レース数を4レースとし、2日間で最大7レースを予定する。
10.2 1レースの完了により本大会は成立となる。
10.3 5レース以上成立の場合、最も悪い得点を除外した得点の合計で順位を決定する。
10.4 得点の集計方法は、「テクノ293国内チャンピオンシップ規定9」を用いる。

テクノ293クラスの各ディヴィジョン1〜3位に日本セーリング連盟会長名による賞状を授与する。
テクノ293Plusクラスの各ディヴィジョン1〜3位に日本ウインドサーフィン協会会長名による賞状を授与する。
参加者数により表彰数の変更をする場合があります。

本大会の競技者は自分自身の責任において参加するものとする。主催団体及び全ての関係団体と関係者は本大会の前後、期間中に生じた物理的損害または身体的障害もしくは死亡によるいかなる責任も負わない。

本大会の競技者は本大会に参加することにより大会期間中の競技者に関する動画、写真等の映像についてその競技者に予告なく主催団体の判断で使用する権利を主催団体に与えるものとする。

本大会では支援艇の受け入れは行わない。これは「テクノ293国内チャンピオンシップ規定10.2」を変更している。

・大会全般 090-4234-9901(18:00〜24:00) 市川
・申し込み内容の変更 E-mail:jcba_c_entry(at)yahoo.co.jp 永田 ※atを@に変更
 セールNoやその他の変更は大会前日までに連絡してください。
・JWAの推薦による参加資格取得 E-mail:wind(at)jw-a.org JWA事務局
 競技歴と戦績を連絡しJWA競技部または強化育成委員会の推薦を取得してください。
 A17 Div:全国レベルの大会での入賞歴(テクノ全日本、伊勢湾CUP、インカレ、国体 等)
 U17 Div:風速3〜25knotsで安全に帆走できる競技レベルを有していること

・台風等の気象状況により安全な大会の開催が困難であると大会前々日までに主催者が判断した場合
・テクノ293クラスにおいて、参加者が5名を超えるディヴィジョンがない場合
・添付資料「COVID19(新型コロナ)への感染対策」の中止条件

コロナ禍での大会開催ということから、選手を含む関係者全員に安全にウインドサーフィンを行える様々な仕組みを考えることを求める。大会関係者は、日本スポーツ協会、日本セーリング連盟及び日本ウインドサーフィン協会の感染対策及び以下の本項を遵守し、安全に配慮して競技を行うこととする。
JWAの「イベント開催に於ける指針」の変更により、参加条件や中止条件を変更する場合が有ります。
上記の変更に対して、参加申し込みのキャンセルはできません。

また、以下の項目に一つでも該当する場合、本大会は大会前、大会期間中に関わらず中止とすることがある。
・行政機関より中止勧告が出された。
・大会開催中に COVID-19 と思われる症状を訴える参加者が見つかった。
・大会参加者がCOVID-19 感染者の濃厚接触者であることが確認された。
・本大会の開催により、クラスターが発生し得る状況となった。
・その他、社会的に開催が適切で無いと判断されうる状況となった。

本大会に参加するすべての選手は、本レース公示で要求される内容のすべてを遵守することとし、大会実行委員会及び日本ウインドサーフィン協会は、これに違反した選手に対して、下記に定めるペナルティを課す。
・本大会成績の抹消
・本大会への出場停止
・JWA関係大会への今後の出場停止
・その他、大会実行委員会及び日本ウインドサーフィン協会によって決められる処置

感染拡大の防止のために参加者(選手・スタッフ・支援者)が遵守すべき事項
・以下の事項に該当する場合は、自主的に参加を見合わせること
   ア 体調がよくない場合(例:発熱・咳・咽頭痛などの症状がある場合)
   イ 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合
   ウ 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航又は当該在住者との濃厚接触がある場合
・陸上では密になる事を避け、必ずマスクを着用する事。マスクは海上への出艇時直前まで着用し、浜へ帰着したら直ぐに着用しなければならない。尚、開催地の宿泊先、各種店舗、街中等の大会会場以外でも、陸上にいる際はマスクの着用を義務付けとする。
・イベント終了後2週間以内にCOVID-19感染症を発症した場合は、速やかに実行委員会にその事実と濃厚接触者の有無等について報告しなければならない。
・受付時の体温測定と健康確認に応じること。発熱症状の有る選手はレースへの出場が出来ない。
・出艇帰着申告や通告はLINE「OpenChat」の使用を予定する。各自で対応する端末を準備すること。
・JWAより72時間以内に実施したPCR検査もしくは当日の抗原検査の陰性証明の提出が義務付けられる条件に本大会が該当している場合、受付時に陰性証明の提出が必要となり証明できない場合は本大会への参加が拒否される。大会側では検査キットは準備しないため、各自で受付前までに検査を実施してください。

主催者側の判断で大会前々日までに大会の開催を中止とする場合は、通知するとともに、参加料から手数料550円を引いた金額を後日返却する。それ以外のいかなる理由でも参加料は返却されない。

ページトップへ