デジエントリーlogo

詳細・お申込

平庭バンクドスラローム(小学生〜中学生までの方) - スノーボード - スキー

個人の場合はご希望のクラスを開いてチェックした後「個人で申込」からお進みください。
グループ・家族でお申込の場合は直接「グループ・家族で申込」からお進みください。
※操作がうまくいかない場合は画面の一番下にある「PCサイト表示」をお試しください。

バンクドスラローム スノーボード

定員:24

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスノーボーダー

金額
¥0

申込不可

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスノーボーダー

金額
¥0

申込不可

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスノーボーダー

金額
¥0

申込不可

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスノーボーダー

金額
¥0

申込不可

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスノーボーダー

金額
¥0

申込不可

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスノーボーダー

金額
¥0

申込不可

バンクドスラローム スキー

定員:10

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスキーヤー

金額
¥0

申込不可

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスキーヤー

金額
¥0

申込不可

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスキーヤー

金額
¥0

申込不可

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスキーヤー

金額
¥0

申込不可

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスキーヤー

金額
¥0

申込不可

条件・内容

コースを安全に滑る事が出来るスキーヤー

金額
¥0

申込不可


平庭バンクドスラローム(マスタークラス、オープンクラス用)にエントリーされる方はこちら

平庭高原 第2回藤田杯 バンクドスラローム大会概要

[主催] 平庭高原藤田杯バンクドスラローム大会実行委員会 

[会場] 平庭高原スキー場

[日時] 2019年2月9日(土)10日(日)

[2月9日] 平庭高原スキー場祭り(コース一般解放(10:00~14:00))

※当日は平庭高原スキー場祭りを開催しており、一般の方にも大会コースを解放しております。譲り合った滑走をよろしくお願い致します。9日の受付はございませんので、コース解放と共にご自由に滑走を行なってください。

[2月10日] 平庭高原 第2回藤田杯 バンクドスラローム大会

7:30 ~ 8:15 選手受付 (場所:レストハウス千春)
8:30 ~ 8:50 開会式(場所:レストハウス千春)
9:00 ~ 11:00 公開練習 
11:00 ~ 12:00 コース整備
12:00 ~ 15:30 タイム測定(1人2本のタイム測定。タイムの速い1本が結果となる)
16:00 ~ 16:30 閉会式 / 表彰

[コース] ローカルキッズから毎週山へ足を運ぶライダー、誰もが楽しみ競い合うことが出来るハーフパイプ跡地を活かした中低速域の1分程度のバンクドスラロームコース

[コース造成] スノーボーダー藤田一茂監修。ハチ高原のパークプロデューサー田中陽、同じく八千穂のパークを作る小池学、フォトグラファー板原健介。4名のチームで造成

[定員] 100名(大人70名 小人30名を予定)

[エントリー] 大人(高校生以上) 3,500円
       小人(中学生以下) 無料
       *1月10日より開始予定
 
[カテゴリー] マスター     男女 40歳以上
       オープン     男女 高校生以上 
       中学生      男女
       小学生高学年   男女 小学6年生以下
       小学生低学年   男女 小学4年生以下
        ※各カテゴリーにスノーボード・スキーを設ける

[表彰] 各カテゴリーの上位3名 ※参加者が少ないカテゴリーは上位1名

[副賞] 天神バンクドスラローム参加権利  

 来たる2019年2月10日、岩手県・平庭高原スキー場にてバンクドスラローム大会を開催致します。藤田一茂を筆頭に、ハチ高原スキー場にてパークプロデュースを行う田中陽、長野県八千穂高原にて同じくパークを作る小池学、フォトグラファーの板原健介、4名で行うプロジェクトになります。平庭高原におきましては、昨年度の久慈市山形町での冬の魅力づくりのお仕事から関わらせて頂き、ハーフパイプ跡地を活用した地形セッションイベントやバンクドスラロームを開催しました。
 2019年度は ”平庭高原のスキー場祭り” に合わせ、大会を開催致します。スキー場祭りが行われる 2月9日(土)には、地域のお祭りのアクティビティの1つとしてバンクドスラロームコースを解放。多くの方々に滑る魅力を感じて頂きます。お祭りでは短角牛を筆頭に地域の魅力、夜空には花火が打ち上げられます。2月10日(日)にはメインイベントであるバンクドスラローム大会を開催。副賞には2019年3月に行われる天神バンクドスラロームの出場権を頂き、平庭高原から全国大会へ、世界へ通ずる道が出来ました。
 また、このプロジェクトは平庭高原はもとより、地元の方々、役場やスキー協会の方々の協力の元に成り立っております。昨年はスキー協会の方々にはタイム測定を、役場の方にはスコップで沢山雪を集めて頂きました。ハーフパイプ跡地を使った難易度の低いバンクドスラロームコースでは、地元キッズスキーヤーから県外のスノーボーダーのセッションの様子が見れる事でしょう。
 夏には白樺美林や闘牛で賑わう平庭高原。地域の冬の魅力発信、魅力作りのお手伝いをする中で、生まれたこの大会。平庭高原スキー場祭りと合わせ、更に魅力ある時間を作ります。
                               
平庭高原藤田杯バンクドスラローム大会実行委員会 プロスノーボーダー 藤田一茂

岩手県平庭高原スキー場

〒028-860
岩手県久慈市山形町来内第20地割13-1
平庭バンクドスラローム実行委員会

08038563584

7:30 ~ 8:15 レストハウス千春にて

平庭バンクドスラローム実行委員会

キッズの参加費は無料ですが、キャンセルの場合はご一報をお願い致します。

ページトップへ