詳細・お申込


【競技役員(審判員・スタッフ)募集】第48回全日本ライフセービング選手権大会 - ライフセービング 

※個人でお申込の場合は該当クラスの「申込」ボタン、もしくはチェックボックスにチェックをし、クラス一覧表の右下にある「上記で選択したものに申込」ボタンをクリックしてください。

テクニカルオフィシャル・スタッフ >>

  • 申込小区分
    開催日
    条件・内容
    定員
    お申込
    申込大区分
    申込小区分
    テクニカルオフィシャル 2022年10月8日(土)
    〜10月9日(日)
    1)テクニカルオフィシャル参加にあたっては有効な審判員資格を取得していること。
    2)テクニカルオフィシャルは、BLS以上の資格を取得していること。
    3)本年度、資格登録していること。
    4)本競技会に競技者登録をしていない方。
    ---
    スタッフ 2022年10月8日(土)
    〜10月9日(日)
    1)責任を持って役割を遂行できること。
    2)安全課を担当する場合は、認定ライフセーバー資格(サーフライフセービング資格)を保持していること。
    3)高校生以上の方
    ---
概要
【日程】2022年10月8日(土)〜9日(日) ※予備日なし

今年度実施にあたって、各ブロックにおける予選会等において選出された競技者のみが出場可能となります。つきましては開催にあたり参加競技者の募集をさせていただきますので皆様のご参加をお待ち申し上げます。
本競技会を安全に開催及び実施するにあたり、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐ為、参加者(競技者、競技役員、関係スタッフ、など全員)は【ライフセービング競技会の再開に向けた感染拡大予防ガイドライン<オーシャン競技編>】を必ず熟読し、それらを確実に遵守することが求められます。ガイドラインに付随して、主催者・参加者がすべきこととしてチェックリストを公開していますので、ぜひご活用願います。併せて、各団体/クラブの指導者やコーチの皆様は、参加競技者への指導と説明をお願い致します。
新型コロナウイルスの流行に対し、要項発表の時点では実施の方向で準備を進めていますが、今後、感染拡大の危険性、流行のピーク、開催地を管轄する都道府県及び自治体の方針などをふまえ開催中止も含め変更する場合があります。あらかじめご了承願います。
場所
神奈川県片瀬西浜海岸(藤沢市片瀬海岸)
事務局
〒105-0013
東京都港区浜松町2-1-18トップスビル
日本ライフセービング協会
電話番号
03-3459-1445
FAX番号
03-3459-1446
ホームページ
http://ls.jla-lifesaving.or.jp/
主催
公益財団法人日本ライフセービング協会
後援(予定)
※調整中
協力(予定)
※調整中
競技種目
[個人種目]
01 ※サーフレース(女子)
02 ※サーフレース(男子)
03 ビーチフラッグス(女子)
04 ビーチフラッグス(男子)
05 ※ビーチスプリント(女子)
06 ※ビーチスプリント(男子)
07 ※ビーチラン(2km)(女子)
08 ※ビーチラン(2km)(男子)
09 サーフスキーレース(女子)
10 サーフスキーレース(男子)
11 ※ボードレース(女子)
12 ※ボードレース(男子)
13 オーシャンウーマン
14 オーシャンマン

[チーム種目]
15 ※レスキューチューブレスキュー(女子) *4人1組
16 ※レスキューチューブレスキュー(男子) *4人1組
17 ※ビーチリレー(女子) *4人1組
18 ※ビーチリレー(男子) *4人1組
19 ※ボードレスキュー(女子) *2人1組
20 ※ボードレスキュー(男子) *2人1組
21 ※オーシャンウーマンリレー *女子4人1組
22 ※オーシャンマンリレー *男子4人1組

・※印の種目は、中学生の参加可能種目とする。詳細は、競技会参加規程1.及び別紙「中学生参加の特別同意書」を参照すること。
•種目の登録数は競技者1人につき2種目を基本とする。3種目以上に出場する場合は、追加参加費(1,000円/1種目)が必要となる。
•[チーム種目]各団体/クラブから1チームまでのエントリーとする。
競技規則
本協会発行「ライフセービング競技規則<2022年版>(2022.07.01版)」及び大会参加規程に則り実施をする。詳しくは大会参加規程7.を参照すること。
※競技ルールを十分に理解して出場すること。
参考タイムテーブル
別紙を参照すること。確定版は、申込締切・集計後に2次要項と共に公表する。なお、天候や漁業などの影響により変更する場合がある。
募集概要/役職
以下の役職を対象とする。

•テクニカルオフィシャル
任務:競技会運営及び競技における様々なジャッジの担当。
資格:有効な認定審判員資格を保有し、本競技会に競技者として出場登録をしていない者。

•スタッフ
任務:競技会運営及び進行に必要な業務の担当。
参加条件(テクニカルオフィシャルに限る)
•本協会が認定する認定審判員資格を、申込締切期日までに取得していなければならない。
•本競技会に競技者として出場登録をしていないこと。
•本協会が認定するBLS資格を、申込締切期日までに取得していなければならない。
•申込締切期日までに、オンライン登録管理システム「LIFESAVERS」にて2022年度の資格登録費の支払いを完了していなければならない。
•テクニカルオフィシャル業務全般が支障なく遂行できること。
•申込多数の場合は、参加団体/クラブから選出されたテクニカルオフィシャル、次に2日間参加できる者を優先する。また締切前であっても申込受付を終了する場合がある。
•テクニカルオフィシャルの担当役職及び配置は、大会実行委員会にて決定をする。但し、役職及び配置に配慮が必要な場合は、事前に申告をすること(「その他連絡事項」欄に記入する)。
•申込時、「役職経験」と「希望する役職」の申告を可能とする。但し、円滑な競技会運営の為、必ずしも希望通りの役職及び配置とはならない場合もある。
テクニカルオフィシャル・スタッフ会議
競技進行や競技実施における注意事項等について説明する競技役員会議を、競技会期間中両日とも開催する。テクニカルオフィシャル及びスタッフは必ず出席をすること。詳細は2次要項にて公表する。

開催日時:2022年10月8日(土)及び9日(日) 競技開始前(予定)
開催場所:競技会会場 競技役員テント(予定)
交通費(テクニカルオフィシャルに限る)
後日、申込者指定の金融機関口座へ振込にて支払いをする。

•チーム選出となる場合は精算の対象外とする。この場合は自己負担又は選出を依頼したチームが交通費を負担すること。
•交通費の支給金額は、次の通りとする。
C級認定審判員:上限5,000円
B級認定審判員以上:交通費実費
•申込時に、自宅最寄駅と公共交通機関を記入すること。
•自家用車等で来場する場合も、公共交通機関による運賃計算とする。
•金融機関口座の口座番号等を間違えずに正確に入力すること。間違いにより送金できなかった場合の再送金にかかる振込手数料を差し引いての再送金とするため注意すること。
•「三菱UFJ銀行」の口座を持っている場合は優先して記入すること。
•入力(記載)する前に、必ず通帳やキャッシュカードの再確認をすること。
•「ゆうちょ銀行」を指定する場合、以下のどちらかの組み合わせとなる。組み合わせや数字の桁数が間違っていないかどうか、再確認をすること。
(ア)ゆうちょ銀行専用 記号(5桁)−番号(8桁)※数字のみ
(イ)他の銀行からの振込対応 店番(3桁)−口座番号(6又は7桁)※数字のみ
日当(スタッフに限る)
一律1,000円/1日の精算とする。後日、申込者指定の金融機関口座へ振込にて支払いをする。

•金融機関口座の口座番号等を間違えずに正確に入力すること。間違いにより送金できなかった場合の再送金にかかる振込手数料を差し引いての再送金とするため注意すること。
•「三菱UFJ銀行」の口座を持っている場合は優先して記入すること。
•入力(記載)する前に、必ず通帳やキャッシュカードの再確認をすること。
•「ゆうちょ銀行」を指定する場合、以下のどちらかの組み合わせとなる。組み合わせや数字の桁数が間違っていないかどうか、再確認をすること。
(ア)ゆうちょ銀行専用 記号(5桁)−番号(8桁)※数字のみ
(イ)他の銀行からの振込対応 店番(3桁)−口座番号(6又は7桁)※数字のみ
宿泊(テクニカルオフィシャルに限る)
競技会期間中の宿泊を提供する。宿泊先などの詳細は2次要項にて公表する。

2022年10月8日(土) 提供あり
食事
競技会期間中の食事を提供する。

•テクニカルオフィシャル
 2022年10月8日(土)
 朝食(会場)・昼食(会場)
 
 2022年10月9日(日)
 朝食(会場)・昼食(会場)

•スタッフ
 2022年10月8日(土)
 昼食(会場)

 2021年10月9日(日)
 昼食(会場)
ユニフォーム/服装
•テクニカルオフィシャル
■認定審判員ユニフォーム【帽子、審判員ユニフォーム上衣(ポロシャツ:白)、審判員ユニフォーム下衣(短パン)】、ライフセービング競技規則<2022年版>、靴、靴下、笛、筆記用具(ペン)、雨具・防寒着(所属団体/クラブの名前が入った防寒着等は不可)を各自で持参すること。サンダル等(クロックスサンダル含む)は不可とする。
■サーフエリア担当の場合、競技運営の都合で海へ入水する可能性があるため、上記準備物と併せて、水着、ウェットスーツ、ラッシュガード等も各自で用意すること。
■IRBジャッジ担当の場合、動きやすい服装であれば服装の指定はない。水着、ウェットスーツ、ラッシュガード、雨具・防寒着(いずれも所属団体/クラブの名前が入った物は不可)は各自で用意すること。上記審判員ユニフォームも必ず持参すること。
■競技会中の貴重品の管理は各自で行うこと。
■競技会中は両手の空くウエストポーチ等を活用すること。
※2019年度より認定審判員ユニフォームの配布支給はしない。各自で購入手配するか、予め各団体/クラブや知人からの借用をする等において、用意すること。

•スタッフ
■総務関係(接遇係、広報係、催事係)の担当者は特に指定はしないが、接客を行うことが多くなるため、チノパン、ポロシャツ(白色、紺色又は黒色)、靴、靴下、雨具・防寒着(所属団体/クラブの名前が入った防寒着等は不可)、などを各自で持参すること。
■安全・器材担当の場合、動きやすい服装であれば服装の指定はない。水着、ウェットスーツ、ラッシュガード、雨具・防寒着は各自で用意すること。
会場へのアクセス/駐車場について
片瀬西浜海岸
神奈川県藤沢市片瀬海岸
https://www.fujisawa-kanko.jp/

•駐車場は近隣のコインパーキングを利用すること。
•絶対に違法駐車はしないこと。
情報発信
競技会実施状況(中止の判断、など)を、下記の通り発信予定。天候等の状況に応じて変更する場合がある。

1)2022年10月7日(金) 13:00頃・21:00頃
2)2022年10月8日(土) 安全対策役員会終了後(7:00頃)
3)2022年10月9日(日) 安全対策役員会終了後(7:00頃)

競技会専用のSNSを活用し、競技会関係各位へ2次的に情報提供をするため運用を行う。本競技会に限らず、国内の競技会全般の情報発信とする。
SNS名称:Facebook
アカウント名称:JLA Lifesavingsport
https://www.facebook.com/jla.lifesavingsport/
申込方法
各種要項等を必ず熟読し、以下の手順でエントリー作業を行うこと。申込先などの詳細は、別紙「エントリースケジュール(各種締切)」を必ず確認すること。
※様々なエントリー不備(期日までに各種登録が完了していない、メールアドレス入力が間違っている、など)が非常に多く発生しているため、ミスが無いように慎重に作業を進めること。

【オンライン登録管理システム「LIFESAVERS」での作業】(テクニカルオフィシャルに限る)
•テクニカルオフィシャルは、自身の「資格登録」の2022年度登録を期日までに完了させること(登録申請を行い、期日までに登録費を支払う)。
•資格登録費の支払いは「LIFESAVERS」システムに従い入金をすること(競技者参加費受付の金融機関口座への振り込みではないので注意すること)。

【エントリーの作業】
•『デジエントリー』より申込を進めること。
•2次要項の配信及びその他の情報発信は、全てメール配信にて行う為、「compe@jla.gr.jp」からのメール受信ができるように、端末(メールソフト、スマートフォン、など)の受信設定をすること。
その他
•各役職、配置及び担当の詳細は、2次要項にて案内する。
•個人情報(氏名)は競技会プログラムに掲載される。同意の上で参加申込をすること。
•競技会期間中に競技会主催者及び競技会主催者が認めた者が撮影した、競技者やチーム関係者の写真、映像及び録音した音声を、ライフセービングの広報の目的で使用したり、第三者に対して使用を許諾することがある。
•競技会への出場登録時に提出したエントリー情報は、本協会もしくは本協会の許可する者がアナウンスをしたり、掲示、公開する場合がある。

【会場への入場制限について】
本競技会を安全に開催及び実施するにあたり、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐ為、感染対策を徹底して実施する。競技会会場への来場にあっては、人数制限は行わない。ただし、参加者の安全の為、競技エリアや観覧エリアの立ち入りを制限する場合がある。

【競技会前14日間の体調管理の記録について】
本競技会を安全に開催及び実施するにあたり、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐ為、当日競技会会場へ入場する全ての関係者に対して、競技会前14日間における体調管理を各自で記録しておくことを推奨する(提出は求めない)。なお、少しでも体調に異変や異常が生じている場合は、自主的に競技会参加を取り止めること。

【新型コロナウイルスのウイルス検査の事前実施について】
本競技会を安全に開催及び実施するにあたり、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐ為、当日競技会会場へ入場する全ての関係者に対して、新型コロナウイルス感染症のウイルス検査を事前に実施し、来場前72時間以内の結果が陰性であることを確認してから来場することを求める。なお、検査の種類は問わない。ウイルス検査にかかる費用は各自/各チームにて負担すること。また、検査の結果を当日に提示できるように準備しておくこと。
オンライン登録管理システム「LIFESAVERS」
システムを通じて「JLA-ID」を取得し、管理ページにて保有資格等の確認と2022年度登録費(個人:資格登録や選手登録、団体:団体登録)の支払いを済ませること。各種登録は1年ごとである。なお、登録方法の手順や不明点は、「LIFESAVERS」の問い合わせフォームから問い合わせをすること。

https://life-savers.jp/
保険について
大会参加規程のもとでの参加者(競技者、競技役員)は、以下の保険に加入している。なお、賠償責任保険については、競技会参加者同士の事故には法律上の賠償責任が発生しないため、保険の対象とはならない(例:レース中、A競技者のクラフトがB競技者のクラフトにぶつかりB競技者のクラフトが破損した)。
競技会期間中の場合は、競技会本部事務局に直ちに報告すること。

【傷害保険】
死亡保険金額・・・・・500万円
後遺障害保険金額・・・20万円〜500万円
入院保険金額・・・・・3千円
手術保険金額・・・・・入院保険金額の5倍または10倍
※代理店:有限会社リプロ(0466-55-4388)

【感染見舞金補償保険】
死亡お見舞金・・・・・・・100万円
入院・通院日数31日以上・・7万円
入院・通院日数8〜30日・・5万円
入院・通院日数7日以下・・3万円
※代理店:有限会社リプロ(0466-55-4388)

【団体賠償責任保険】
賠償責任保険(身体・財物)・・2億円
賠償責任保険(管理財物)・・・50万円
賠償責任保険(人格権侵害)・・50万円
事故対応費・・・・・・・・・・500万円
見舞費用(死亡)・・・・・・・50万円
見舞費用(後遺障害)・・・・・2万円〜50万円
見舞費用(入院)・・・・・・・2万円〜10万円
見舞費用(通院)・・・・・・・1万円〜5万円
※代理店:有限会社リプロ(0466-55-4388)

【個人賠償責任保険】
賠償責任保険(身体・財物)・・・1億円
※1事故につき5千円の自己負担
※代理店:株式会社第一成和事務所 営業第二部(03-5645-1071)
募集に関するお問い合わせ
公益財団法人日本ライフセービング協会事務局
〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-18 トップスビル1階
TEL:03-3459-1445(対応時刻:平日12:00〜18:00)
FAX:03-3459-1446
E-Mail:compe@jla.gr.jp
LIFESAVING SITE:https://ls.jla-lifesaving.or.jp/
お申込後の変更・キャンセルについて
競技者のエントリー状況などを考慮して、テクニカルオフィシャル及びスタッフを適正に配置しており、欠員が生じることで競技会運営全体に支障をきたすおそれがある。その為、申込後のキャンセルは極力避けること。やむを得ずキャンセルをする場合は、必ず代理の者を選出すること(但し、同競技会にテクニカルオフィシャルとしてエントリーをしている者以外からの選出とする)。

 

イベントを探す
イベント番号で検索
 

イベント名から探す
 
開催日から探す