デジエントリーlogo

詳細・お申込

World Para Alpine Skiing公認 2018ジャパンパラアルペンスキー競技大会 - スキー - その他

コンビニ、ペイジー、クレジットカード決済利用可能

個人の場合はご希望の申込区分を開いてチェックした後「個人で申込」からお進みください。
グループ・家族でお申込の場合は直接「グループ・家族で申込」からお進みください。
※操作がうまくいかない場合は画面の一番下にある「PCサイト表示」をお試しください。

ジャパンパラアルペンスキー

条件・内容

次の@及びA、B、Cの全てまたはDの要件を満たすことを原則とする。

@身体障害者手帳または療育手帳を所有する者
A2017-2018年度日本障害者スキー連盟競技者登録を終了している者
B本大会の目的に沿った競技力を有し、主催者が認めた者
●以下のJPSポイントによる制限を設ける
1)大回転・回転種目については申込時のJPSポイント300点以内を参加基準とし、
基準を満たすか同等の競技力を持ち所属団体の推薦があったものの参加を認める。
C国際または国内でクラス判定を受けている者、もしくは競技前日のクラス分けにて判定を受けた者
D聴覚障害者で日本ろう者スキー協会より推薦があり、主催者が認めた者

金額
¥2,000

条件・内容

次の@及びA、B、Cの全てまたはDの要件を満たすことを原則とする。

@身体障害者手帳または療育手帳を所有する者
A2017-2018年度日本障害者スキー連盟競技者登録を終了している者
B本大会の目的に沿った競技力を有し、主催者が認めた者
●以下のJPSポイントによる制限を設ける
1)大回転・回転種目については申込時のJPSポイント300点以内を参加基準とし、
基準を満たすか同等の競技力を持ち所属団体の推薦があったものの参加を認める。
C国際または国内でクラス判定を受けている者、もしくは競技前日のクラス分けにて判定を受けた者
D聴覚障害者で日本ろう者スキー協会より推薦があり、主催者が認めた者

金額
¥2,000

(目的)
障がい者のアルペンスキー競技の競技力向上をはかるため、国際規則に則った高いレベルの競技会を開催し、国内の障がい者アルペンスキー競技への志向意欲をより高めるとともに、広く社会参加の促進に資することを目的とする。

長野県長野県上田市・菅平パインビークスキー場
(開会式:菅平高原国際リゾートセンター) 

〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町2−13−6−3F
公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会

03-5939-7021

03-5641-1213

菅平高原国際リゾートセンター

公益財団法人日本障がい者スポーツ協会

特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟

菅平高原スキークラブ

スポーツ庁  長野県  上田市  長野県教育委員会
上田市教育委員会  (公財)日本体育協会  (公財)日本オリンピック委員会
(公財)全日本スキー連盟  (公社)日本職業スキー教師協会  (公財)長野県スキー連盟
(公財)長野県障がい者スポーツ協会  (一社)菅平高原観光協会

日本航空株式会社 全国共済農業共同組合連合会 TANAKAホールディングス株式会社
東京ガス株式会社 中外製薬株式会社 三菱商事株式会社
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 三菱電機株式会社 サントリーホールディングス株式会社
大同生命保険株式会社 凸版印刷株式会社 株式会社モリサワ 
トヨタ自動車株式会社 株式会社ゴールドウイン 東日本旅客鉄道株式会社
東京建物株式会社 株式会社大京 エイベックス株式会社
清水建設株式会社 味の素株式会社 野村ホールディングス株式会社
株式会社大和証券グループ本社 東京ガス協力企業会 全日本空輸株式会社
東京海上日動火災保険株式会社 野村不動産ホールディングス株式会社 
株式会社みずほフィナンシャルグループ 三菱ケミカル株式会社 株式会社日清製粉グループ本社

トラスコ中山株式会社 西濃シェンカー株式会社 カリフォルニア・レーズン協会
日野薬品株式会社 株式会社富士住建 株式会社グロリアツアーズ
株式会社JTBコーポレートセールス 大塚製薬株式会社 株式会社福祉施設共済会
株式会社ティーガイア 株式会社コメ兵 住友金属鉱山株式会社

長野県障がい者スポーツ指導者協議会
長野県障がい者福祉センター(サンアップル)

2018年2月2日(金)〜4日(日)

大回転・回転

次の@及びA、B、Cの全てまたはDの要件を満たすことを原則とする。

@身体障害者手帳または療育手帳を所有する者
A2017-2018年度日本障害者スキー連盟競技者登録を終了している者
B本大会の目的に沿った競技力を有し、主催者が認めた者
●以下のJPSポイントによる制限を設ける
1)大回転・回転種目については申込時のJPSポイント300点以内を参加基準とし、
基準を満たすか同等の競技力を持ち所属団体の推薦があったものの参加を認める。
C国際または国内でクラス判定を受けている者、
 もしくは競技前日のクラス分けにて判定を受けた者
D聴覚障害者で日本ろう者スキー協会より推薦があり、主催者が認めた者

@「2017-2018World Para Alpine Skiingアルペンスキー競技規則」及び大会申し合わせ事項を適用する。
A各種目のスキーの長さ・半径については、
、「2017-2018World Para Alpine Skiingアルペンスキー競技用具規則」を適用する。
ただし、ID選手は特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟が定める
「2017/2018 IDカテゴリーレギュレーション」を適用する。

WEB申請(デジエントリー)にて受付(http://dgent.jp/e.asp?no=1701015)
1)申込み締切り期日
 2017年12月31日(日)(決定通知1月17日頃発送予定)
2)問い合わせ先
 〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町2-13-6 ユニゾ水天宮ビル3階
 日本障がい者スポーツ協会 JP事務局  担当:猪鼻・小松宛
 пF03−5939−7021
 メール: inohana@jsad.or.jp

※参加料は必ず申込時または、期限内に納入すること。
 締め切り日以降の申込みは一切受け付けない。
 また、一旦納入された参加料は、主催者の責による事由で大会を
 中止した場合以外、参加基準に満たない場合も含め、
 原則として返金しない。
※申込フォームで必要事項に記載がない場合、
 また、出場資格・制限などに該当しない場合は申込みを受け付けない。

1種目2,000円とする。
(クレジットカード、ぺイジー、コンビニ決裁にて、申込み時に納入すること)
※尚、手数料は自己負担。

(以下、JADAからの注意喚起文による)
@本競技会は、日本アンチ・ドーピング規程に基づくドーピング・コントロール対象大会である。
A本競技会参加者は、エントリーした時点で日本アンチ・ドーピング規程にしたがい、
ドーピング・コントロール手続の対象となることに同意したものとみなす。
B20歳未満の者については、ドーピング検査を含むドーピング・コントロール手続に対する
親権者からの同意書を所属競技団体へ別途提出しているもののみエントリーできる。
未提出者についてはエントリー締切日までに競技団体へ提出することとする。
C本競技会参加者は、本競技会において行われるドーピング検査(尿・血液等検体の種類を問わず)を
拒否又は避した場合、検査員の指示に従わない場合、
帰路の移動等個人的諸事情によりドーピング検査手続を
完了することができなかった場合等は、
アンチ・ドーピング規則違反となる可能性がある。
アンチ・ドーピング規則違反と判断された場合には、
日本アンチ・ドーピング規程に基づき制裁等を受けることになるので留意すること。
D競技会・競技会外検査問わず、血液検査の対象となった競技者は、
採血のため、競技/運動終了後2時間の安静が必要となるので留意すること。
E日本アンチ・ドーピング規程の詳細内容およびドーピング検査については、
公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構のウェブサイト
(http://www.playtruejapan.org)にて確認すること。

男女別、カテゴリー別種目ごとに1位、2位、3位を表彰する。
ただし、カテゴリー内の出場選手数が3名の場合は2位まで、
選手数が2名以下の場合は1位を表彰する。

2月2日(金)
受付、クラス判定、開会式、選手会/TCM(GS)
 
2月3日(土)
大回転(視覚、座位、立位、知的、聴覚)
表彰式、選手会/TCM(SL)
 
2月4日(日)
回転(視覚、座位、立位、知的、聴覚)
受付、表彰式

主催者は、個人情報保護に関する法令を遵守し、
主催者が定める「個人情報保護取扱規程」に基づき取り扱う。
なお、取得した個人情報は大会の資格審査、プログラム編成及び作成、
記録発表、その他競技運営及び競技に必要な連絡等に利用する。

主催者において期間中(2018年2月2日〜4日)の傷害保険に一括加入する
(保険内容:死亡・後遺障害1,000万円、入院5,000円、通院3,000円)。
これ以上の補償を望む場合には、各自で別途保険に加入すること。
大会では、応急処置しかできないので、
参加に当たっては、医師の診断を受けるなど、
自己の責任において健康と安全については十分留意すること。

@参加選手は、開会式、表彰式に出席すること。
A本大会は日本障害者スキー連盟の競技者登録をした選手のポイント対象レースであり、
その成績は国際大会の派遣選手選考資料の一部とする。
World Para Alpine Skiingポイントは、
今年度のWorld Para Alpine Skiing登録者のみ対象とする。
B一旦納入された参加料は返金しない。
 また、申込締切日以降の申し込みは受け付けない。
C選手、コーチ専用大会リフト券は2/3(土)、4(日)とも、
 菅平高原パインビークスキー場「スキーセンターリフト券売り場」にて、6:30より販売を開始する。
D宿泊については各自で申し込むこと。ただし、競技参加者には、
 宿泊施設を斡旋するので、
 必要な選手は期日までに下記の担当者へ連絡すること。
E大会日程・各種目の開催については天候・条件により変更になる場合がある。
 開催の最終的な判断は前日の選手会(キャプテンミーティング)までに決定される。
F競技外コース及び指定された時間外での競技コースは、
 一般利用者も滑走していることを十分理解し、過度な速度での滑走や競技と
 同じような形態の滑走を行わないなど安全配慮に努めること。
G本大会についての問い合わせは下記とするが、
 やむを得ない場合を除き全てFAXまたはE-mailによること。

■競技に関すること
日本障害者スキー連盟事務局 担当: 山本
FAX:03-6229-5420   E‐mail:jp-alpine@jps-ski.com
■宿泊に関すること(菅平高原宿泊者)
(一社)菅平高原観光協会(菅平高原旅館組合)        
FAX:0268-74-2353   E‐mail:info@sugadaira.com
■その他(申し込み、報道など)について
日本障がい者スポーツ協会 担当:猪鼻
FAX:03-5641-1213  E‐mail:inohana@jsad.or.jp

下記より
本大会のダウンロードが可能です。

http://www.jsad.or.jp/japanpara/alpine-skiing/

実施要項の22-その他Bの通り、一旦納入された参加料は返金しない。
また、申込締切日以降の申し込みは受け付けない。